• photo
  • word

中落合の山居

「中落合の山居」

静かな住宅街の角地に立つこの住宅は、移りゆく四季の中で家族の成長と温かさを感じることのできる、そんな場所にしました。天井高さ2.7mのリビングは、床にチークのフローリング、壁に杉板と針葉樹合板の墨塗装を貼張り、旧家にあったシナモンの古木を添えています。素材1つ1つ、張り方1つ1つにこだわりを持ち、お施主様と設計者と大工さんが試行錯誤を凝らした空間になりました。そんな有機的な空間にはステンレスのキッチンが凛とした品格を持って、家族の集う場、くつろぎの場を演出しています。2階のデッキテラスに面した浴室には、十和田石のお風呂があり、天然石の質感と檜の香りと共に、新緑の芽吹き、夏の青空、秋の星空、雪の灯りを感じることができます。家族みんなが目に映る風景を愉しめる、そんな家を考えました。

【担当】
鹿内健+鹿内真沙子

【物件データ】
計画地:東京都新宿区中落合
主要用途:住宅
工事種別:新築
構造・規模:木造2階建て
床面積:86.67㎡
構造設計:ASD/田畠隆志+田畑孝幸
施工:山内工務店
写真:鳥村鋼一

 

 

The idea for this house, located in a quiet residential area was to be able to experience the changing seasons while feeling the growth and warmth of the family. The living room has a height of 2.7m, contains teak flooring as well as walls covered with sugi board and ink painted softwood plywood. It also includes a cinnamon tree from the old house.

The stainless kitchen within an organic space creates a prestigious atmosphere for family relaxation. The deck terrace located on the 2nd floor is facing a bathroom with a bathtub covered in Towada stone. It is possible to experience the texture of the stone, the scent of the cypress, new green leaves, blue sky during summer, starry night in autumn, and the light of the snow.

A house where the family could find peace in the surrounding scenery.