• photo
  • word

ルーフトップシェアハウス

「保育所+賃貸住宅+シェアハウス」

1〜3階を保育所、4〜8階を賃貸住宅、9〜10階をシェアハウスとしています。賃貸住宅の新たな運用モデルとして、価値の高い上層階に交流のスペース(シェアハウス、屋上テラス)を設けています。シェアハウス住民がテラスを頻繁に利用することで「行きやすさ」が生まれ、賃貸居住者にとっても屋上が使いやすい状況が生まれます。全体にパブリックスペースの価値が行き渡ることが賃貸住民の居住満足度につながると考えています。

HPリンク:日経クロステック記事
HPリンク:グッドデザイン賞2019

【担当】
鹿内健+鈴木優子

【受賞】
2019 グッドデザイン賞

【掲載雑誌】
日経アーキテクチュア2019年3月28日号

【物件データ】
計画地:東京都墨田区緑1丁目5-9
主要用途:保育所・賃貸住宅・シェアハウス
工事種別:新築工事
床面積:1983.92㎡
構造・規模:鉄筋コンクリート造・地上10階建
事業主:スターツアセットマネジメント株式会社
共同設計:オンデザインパートナーズ
施工:スターツ